日本留学フェア2013開催

2013年9月7日(土)地元バンガロールの名門校BISHOP COTTON BOYS‘s SCHOOLにて本学主催で日本留学フェアーを開催、日本から本学を含め東北、名古屋、京都、九州、慶應義塾、早稲田、同志社、立命館大学の9大学が参加した。

主賓に科学担当首相補佐官 CNR RAO教授(79歳、化学者)をお迎えした。日本留学をインド人学生に説いた情熱的なスピーチは忘れられない。RAO教授は後にインド最高位の国家勲章BHRATA RATNAを授与されることが決定した。本学羽田副学長が挨拶を行い、日本政府を代表して在インド日本大使館バンガロール事務所山本所長よりご挨拶を頂き、本学理学系研究科山内教授が基調講演を行った。日本留学についてのパネルディスカッションでは、モデレーターとしてIndian Institute of Science(IISc)教授のProf. Vinayachandran(東京大学校友会員)をお迎えし日本在住のインド人役員、日本との交流に積極的な教育者、息子さんを日本に留学に出している父親、本学のPhd取得者、早稲田大学で学ぶ修士の女子学生、10月九州大学工学部に入学予定の女子学生の6人のパネリストが参加した。続いて9大学から自己紹介があった。講演会終了後に三浦雄一郎氏の80歳でのエヴェレスト登山成功ドキュメントフィルムが上映された

当日は9大学による各教室に設置された個別ブースでの進路相談も行われた。国際交流基金/JICA/バンガロール日本語教師会により折り紙・浴衣着付け体験などの日本文化紹介も行った。日系企業のヤクルト、コクヨ、ラーニングシステム社、三浦ドルフィンズの協賛を得た。また、JR東日本、JR東海、三菱重工よりポスター写真の提供を戴いた。当日参加した高校生と大学生は合計約600人と盛況のうちに終了した。

 


photo photo

        記者会見での記念撮影。左から;

   東京大学 羽田 正 副学長、

   科学担当首相補佐官 C.N.R. RAO教授

   Bishop Cotton Boys’ School  John K. Zachariah校長、

   東京大学インド事務所 吉野 宏 所長

       ご挨拶 在インド日本大使館 バンガロール事務所 山本所長

photo photo

    基調講演 東京大学大学院理学系研究科 副研究課長 教授 山内 薫

   パネルディスカッション

   左からMr. Sandeep Singh(トヨタキルロスカー副社長)

   Mr. Mansoor Ali Khan(DPSバンガロール理事)

   Dr. Gourab Majumdar(三菱電機役員技監)

   IISc Prof. Vinayachandran(東京大学校友会員)

   Dr. Shashank Khurana(東京大学新領域創成科学研究科修了)

   Ms. Souma Nandi(早稲田大学在学中 早稲田-ナンヤン ダブルMBA)

   Ms. Iswarya Shankaralingam(九州大学工学部入学予定)