インド赤門会クルカル二会長父子母校訪問

今年4月20日から1週間、クルカル二会長は14歳になる息子VISHNU君を連れて日本を訪問。東京、広島、神戸、京都、河口湖そして富士山を5合目までドライブして春を楽しんだ。VISHNU君にとっては特に2つの忘れがたい旅となった。一つは、東京から広島に新幹線の最新車両N700Aに乗車出来たこと。もう一つは、父親が修士2年間を勉強した母校の訪問。本郷中央食堂で食べたカキフライ定食が忘れられないと言う。昼食後、大学生協でショッピングを楽しんだ。息子さんは日本人の礼儀正しさと仕事に対する責任感の素晴らしさに感動し、父親がやった様に日本に留学して日本で働くと言う新たな夢を見ている。


photo
赤門前にて