森精機製作所 東京大学IIT学部学生プログラム 2013年 奨学金授与式

東京大学では、森精機製作所からの寄付により2008年より『東京大学IIT学部学生プログラム』として、インド国内でも特に優秀な学生が集まるインド工科大学(IIT)5校の学部学生へ奨学金を支給している。IIT卒業後の進路の選択肢に東京大学が加わること、また日印の指導的人材ネットワークの基盤を形成することを目的としている。

photo
前列左:東京大学・羽田副学長、
右:森精機・西村ゼネラルマネージャー
2012-2013年期の奨学金授与式が、2013年3月4日にテレビ会議を通じて行われた。当日は東京大学にて森精機製作所 管理本部人事部ゼネラルマネージャー 西村典高氏および東京大学 副学長 羽田正教授、井上睦子国際部長、伊藤明子国際交流課長、福士正人国際交流課副課長が出席した。さらに吉野インド事務所長がIITマドラス校にて参加した。インド側ではIITハイデラバード、マドラス、デリー、カラグプール、カンプール各校から代表の教職員および奨学生が出席した。
photo
IITデリー校で授与式の様子
授与式では、羽田副学長からの挨拶、祝辞に続き、西村ゼネラルマネージャーより日本やインドを含む世界で活躍する人材へ、との激励の言葉がかけられた。さらに羽田副学長より、東京大学の概要、留学生受入状況、英語プログラム等が紹介された。続いてIIT各校から代表教職員および代表学生のスピーチ、奨学生の紹介があった。そのうちIITハイデラバード校からのプレゼンテーションでは、日本とIIT-Hの交流状況が紹介された。続いて奨学生には一人ずつ奨学金支給証明書(Certificate of Scholarship)が送られ、学生の喜ぶ姿がスクリーンを通して共有された。

photo
IITマドラス校にて
奨学生らと吉野インド事務所長(中央)

photo photo
           IITカラグプール校での授与式の様子 IITハイデラバード校の奨学生ら